宮崎地区軟式野球連盟(2005年3月)



・連盟旗学童球場変更!!(3/31)
  第21回連盟旗争奪宮崎地区学童軟式野球大会は4月2日から県総合運動公園などで開催される。
 3日の田野球場が生目の杜に変更になりました。

・連盟旗学童組合せ!!(3/28)   第21回連盟旗争奪宮崎地区学童軟式野球大会は4月2日から県総合運動公園などで開催される。  この大会で全日本学童大会のシードが決まる。
・綾、赤江東初戦敗退!!(3/27)   第2回九州中学生選抜軟式野球大会は26、27日に佐賀県で行われ、宮崎県から出場した綾中と  赤江東中は初戦で敗退した。詳細結果
・生目台メッツが初優勝!!(3/27)   第28回春季宮崎地区学童軟式野球大会は27日に田野町営球場で準決勝、決勝を行い、生目台  メッツが宮崎バッファローを1−0で破り優勝した。 ◆準決勝   宮崎バッファロー  2000110|4  西池ブルドッグ   0000110|2   恒久グリーンナイン 2010000|3  生目台メッツ    000410×|5 ◆決 勝   宮崎バッファロー  0000000|0   生目台メッツ    0000001|1
・ジュニア金剛(大阪)が優勝!!(3/27)   第24回大阪・宮崎少年軟式野球大会は第2日目は27日に木の花ドームなどで行なわれ、  ジュニア金剛(大阪)が西池ブルドッグを破り優勝した。  詳細はこちら 
・野崎漬物などがベスト4!!(3/27) 第59回県民体育大会宮崎市予選は27日にアイビー球場など行なわれ、ベスト4が出揃った。   ベスト4は昨年県大会優勝の亜覇斗羅と野崎漬物、九州電力宮崎、宮崎市消防局。
・九電宮崎が代表!!(3/27) 第28回九州連合会長杯宮崎地区予選は27日ひむかスタジアムで行なわれ、九電宮崎が亜覇斗羅  を破り県大会(4月16、17日 宮崎市)の出場権を獲得した。  決勝は九電が4回に渡部の安打と福永の三塁打、大倉の安打で2点を先制し、亜覇斗羅の 追撃を永水、奥の継投で8回の1点に押さえ、逃げ切った。  ◆決 勝    九電宮崎 000 200 000|2   三塁打:福永(九)    亜覇斗羅 000 000 010|1   <九 電> 打安点  <亜 覇> 打安点 G 鎌 田 510  E 竹 下 300     F 岩 下 500  C 松 浦 400     H 坂 本 300  G 深 見 210     D 平 岡 400  A 串 間 300     E 福 良 410  F 外 山 400     C 田 中 200  H 久保田 300     4 渡 部 210  D 永 田 410     B 福 永 211  B 時 任 200     H  本 木 100   H 遊 木 200     3   東  000  @ 原 田 300      A 大 倉 411     @ 永 水 200     1  奥  210        計  3662     計  3022
優勝の九州電力宮崎
優勝した九電宮崎の鬼塚監督、好投した永水投手
先制のホームを踏んだ渡部選手、先制点をたたき出した福永選手
・宮崎バッファローなどがベスト4!!(3/26)
  第28回春季宮崎地区学童軟式野球大会は26日に2、3回戦6試合を行い、宮崎バッファロー 
 などが準々決勝に進んだ。

・大阪VS宮崎少年野球大会!!(3/26)   第24回大阪・宮崎少年軟式野球大会は第1日目は26日に大阪のジュニア金剛、平尾子供  会を迎え宮崎県総合運動公園で開会式と試合が行なわれた。27日は決勝トーナメントなどを行  なう。  開会式では押川地区軟式野球連盟副会長、小八重市観光課長、江本平尾子供会監督が挨拶、 選手宣誓はランバーズの三根滉平君が行なった。各チームに花の女王から記念品が贈られた。   詳細はこちら 
・大阪・宮崎少年軟式野球大会!(3/24)   第24回大阪・宮崎少年軟式野球大会(26、27日:県総合運動公園)が行なわれます。   組合わせはこちら 
・住吉が優勝!!(3/21)   第22回春季中学生大会は21日にひむか球場で決勝が行なわれ、住吉が大塚Aを破り優勝し  た。住吉は3回に根井一樹の安打とと宮越の三塁打で先取、さらにボークで2点目、幸森の  四球、中城を福島が送り瀬戸の安打で3点目を追加した。4回には二死から中城の内野安打で  追加し、大塚の追い上げを振り切った。大塚は3回と5回に、堀口が四球、盗塁などで  ぞれ野選と内野ゴロで2点を返したが住吉の松本投手に2安打に押さえられた。  ◆決 勝    住 吉 0031000|4   三塁打:宮越(住)    大塚A 0010100|2   <住 吉> 打安点   <大塚A>  打安点 E 中 城 321  E 堀 口 200     D 福 島 210  F 中 山 300     G 瀬 戸 311  A 久 松 402     @ 松 本 300  @3 赤 川 310     A 尾 田 310  G 高 橋 300     B 宮 下 300  D  林  200     H 根井一 310  F 大 関 300     F 宮 越 111  C 秋 山 210     7 根井亮 000  B1 小 松 300     R7 柏 ア 100      C 幸 森 110        計  2382     計  2522
優勝の住吉中
福元副会長から住吉中に優勝賞状、優勝旗授与 大塚に準優勝賞状授与
住吉:松本投手、大塚:赤川投手、小松投手

・木花ジャガーズなどが3回戦へ!!(3/21)
  第28回春季宮崎地区学童軟式野球大会は21日に1回戦5試合と2回戦6試合を行い、木花ジ 
 ャガーズなどが3回戦へ進んだ。

・亜覇斗羅が代表決定戦へ!!(3/20) 第28回九州連合会長杯宮崎地区予選は20日アイビーでBパートを行い、亜覇斗羅が1位とな  り代表決定戦でAパートの九電宮崎と対戦する。
・NTTボニーズが2回戦へ!!(3/20) 第59回県民体育大会宮崎市予選は20日にアイビー球場で行なわれ、NTTボニーズが2回戦  に進出した。
・大塚台少年野球クラブなどが2回戦へ!!(3/20)   第28回春季宮崎地区学童軟式野球大会は20日に1回戦8試合を行い、大塚台少年野球クラブな  どが2回戦へ進んだ。
・大塚Aと住吉で決勝!!(3/20)   第22回春季中学生大会は20日にひむか球場などで準々決勝と準決勝が行なわれ、大塚Aと住 吉が決勝へ進出した。21日に決勝が行なわれる。
・大塚Aなどがベスト8!!(3/19)   第22回春季中学生大会は19日に田野町営球場などで2回戦の残りと3回戦が行なわれ、大塚  Aなどが準々決勝へ進出した。20日に準々決勝と準決勝、21日に決勝が行なわれる。
・野崎漬物などが2回戦へ!!(3/13) 第59回県民体育大会宮崎市予選は13日に木花B球場で行なわれ、野崎漬物などが2回戦に進  出した。  
・九電宮崎が代表決定戦へ!!(3/13) 第28回九州連合会長杯宮崎地区予選は13日サンマリンでAパートを行い、九電宮崎が1位とな  り代表決定戦に進んだ。 Bパートは20日に行なわれる。
・UMKスポーツフェスタ結果!(3/13)   第10回UMK青少年スポーツフェスタは生目の杜運動公園で行なわれた。宮崎地区からは  生目台メッツと大淀イーグルスが出場した。 試合結果はこちら 
・宮崎日大などが3回戦へ!!(3/13)   第22回春季中学生大会は13日に田野町営球場で2回戦が行なわれ、宮崎日大などが3回戦へ  進出した。19日の球場と開始時間は後日決定する。
・生目南などが3回戦へ!!(3/12)   第22回春季中学生大会は12日からサンマリンなどで1、2回戦が行なわれ、生目南などが3  回戦へ進出した。
・春季宮崎地区学童大会組み合せ!!(3/11)   第28回春季宮崎地区学童軟式野球大会の組み合わせが決まった。 大会は20日から 県総合運動  公園などで行なわれる。
・森川県理事長が副会長!!(3/10)   全日本軟式野球連盟はこの程、役員改選を行い、副会長に宮崎県理事長の森川愛介氏(延岡)、   評議員に井料田豊副理事長(都城)が選出された。 全日本軟式野球連盟 役員紹介
・一般大会の組み合せ!!(3/09) 一般の大会の組み合わせがこの程決まった。各大会とも3月13日から開始する。        第28回九州連合会長杯宮崎地区予選    第59回県民体育大会宮崎市予選    第3回春季オープン戦
・春季中学大会組み合せ!!(3/08)    第22回春季中学生大会の組み合わせがこの程決まった。 大会は12日からサンマリンなどで行  なわれる。
・スポ少卒団式!!(3/06)    スポーツ少年団(軟式野球)の16年度卒団式が田吉河川敷と田野町運動公園で行なわれた。   開会式で1団体と4氏が表彰された。この後、9球場で3チームによるリーグ戦が行なわれた。   試合結果はこちら   ・特別賞:那珂ライオンズ(全日本学童大会で全国制覇)  ・功労賞:伊比井豊次氏 (青島ジャイアンツ=永年に亘る練習場の管理)       井野 良典氏 (宮崎球友=父母の会11年間)             黒川 正信氏 (宮崎メッツ=父母の会11年間)             安藤 広海氏 (加納レンジャーズ=コーチ11年間)      
開会式
那珂ライオンズに特別賞、別れの言葉:那珂ライオンズの後藤主将、送る言葉:大淀イーグルスの奥野くん
功労賞の伊比井豊次氏、井野 良典氏、
功労賞の黒川 正信氏、安藤 広海氏

 

 

トップに戻る